国際線、事前座席指定 AF/KLもついに・・・

名古屋からヨーロッパへは
欧州内直行便であれば、
●フランクフルトへ降り立つルフトハンザ(LH)
●ヘルシンキへ降り立つフィンエアー(AY)
の選択となります。

最終目的地へのフライトスケジュールと料金がだいたい同等の場合、
ある一つの理由でAYにされるお客様が多々いらっしゃいます。

それは

「事前座席指定」

ルフトの場合、それは有料になるのですが
フィンエアーの場合、当該枠が空いている限り無料で指定できます。

長距離路線なので、気兼ねなくトイレに行きたい方は通路側
カップルなど複数名なら、並び確約で
外を眺めて行きたいなら通路側で、希望はさまざまです。
コレが予め決まっていると、気分的にラクですよね。

もちろん、がまかんでも、エアオンを手配する時は
かならずお客様にご希望をお聞きしながら指定を入れます。

AIRFRANCEも、名古屋⇔成田をJALで追加する事により
また、KLMオランダ航空も名古屋⇔仁川をKEでつなぎ
仁川からKLMでヨーロッパ内各地へと
使い勝手がいいので、予約する事が間々あるのですが
これから、エールフランスとKLMオランダ航空も
ルフト同様、事前指定は原則有料となるそうです。

うーん、残念。

以前、LHに乗った時、往復で両方とも機内食を忘れられたことがあり
メインだけ、これビジネスクラス提供のだよなーというのを2回、
到着前の軽食で、ごめんなさい、もう在庫ないの、オニギリで許して、と
出されたのが1回。
添乗員だったから?鬼門の席に座っていたのでしょうか??
後にも先にもそんなことはありませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]
添乗員はどうでもいいのですが、
個人のお客様は予約の段階で従来通り席が決められるといいですよね。

関連記事一覧

最近の記事

  1. 航空神社お守り

    2022.03.31

    日々感謝です

アーカイブ

PAGE TOP