善光寺”中日庭儀大法要”参観の旅

7年に一度の盛儀、善光寺のご開帳。

数えで7年なので実質6年に一度、が正確です。
私もこの業界に入って3度目(2015年.2009年.2003年)のご開帳となります。

普段は秘仏の御本尊様、この時だけ御姿を拝むことができます。
とは言っても秘仏の為、御本尊様の身代り「前立本尊」の右手の薬指と
五色の糸でつながる回向柱(えこうばしら)に触れ、御仏とご縁を結ぶ千載一遇の機会。

特に私が「南山会参拝団」の皆様と行った4/24は
ご開帳の中核行事”中日庭儀大法要”の日
善光寺住職の大勧進貫主と天台宗一山の法要が回向柱前で行われました。

周辺の道路も大渋滞の中、なんとか時間に間に合い
宿坊・淵之坊での昼食を挟み、たっぷり終日大法要を目に焼き付けて参りました。
DSC_3104.jpg
押せよ押せよの人の波で、この日は回向柱にさわるのも
おそらく60分以上待ちだったと思われます。

また、前日には、がまかんも含め参加者皆様が施主として
内陣に上がり、副住職様含む11名の僧侶による法要、
(これはかなり感動的でした。間近で緞帳があがり秘仏とご縁を結べました)
大本願でのお上人様(善光寺住職の尼僧様)とのお会い、
大本願での副住職様からのお数珠頂戴、、、、
(通常は参道でひざまづいて受けるのですが、
 大本願の畳の上で受けるという、なんとSpecial!)

一般の参拝者ではとうてい叶わないこと、全て叶えていただきました。

もちろんお客様皆様が大感激、大感動でした。

ちなみに私たちの行った大法要の前日、4/23(金)は
戒壇めぐりは90分待ち、ご朱印は60分待ちとのことでした。
回向柱は待ち時間ナシでお触りすることができました。

この日の夜は戸倉上山田温泉で温泉にも癒され
DSC_3094.jpg

DSC_3097.jpg

2日間、善光寺尽くしの旅は無事終わったのでした。

思いがけず善光寺住職、大勧進の貫主様と大本願のお上人様
両方にお会いできるという、感動の添乗でした。
仕事ながら、大変感慨深い旅になりました。

次のご開帳も是非行きましょうね、と拍手で皆様と約束しました。
ありがとうございました。

関連記事一覧

最近の記事

  1. 航空神社お守り

    2022.03.31

    日々感謝です

アーカイブ

PAGE TOP